スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2014.12.06 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    ★2013年2月9日筑後川流域景観ツアー予告・みやまの景観発見「源平最後の合戦地・平家伝説の里ウォークツアー」

    0
       筑後川流域景観ツアー
      (ちっご川めぐる・筑後川まるごとリバーパーク)

      ジョギングジョギングみやまの景観発見・源平最後の合戦地
      「平家伝説の里ウォークツアー

      参加者を募集中 ・・・当日平家まつり開催中!
      みかんの産地として有名な、みやま市山川町には、「平家伝説」が色濃く残っています。壇ノ浦の戦いで敗れた平家一門は、ここ「要(かなめ)川」で源平最後の合戦に臨んだと言い伝えられています。平家方が指揮所として使った見晴らしの良い「物見塚」、要川の合戦で敗れた平家方が落ち延びた里には七人の女官が身を投げた「七霊の滝」とその霊をまつる「七霊宮」があり、また合戦の敗者を弔った「平家の塔」などを歩きながら巡ります。要所では地元の方の解説があります。当日は恒例の平家まつり「九州平家伝説inみやま」が開催されており、会場では多彩なイベントが行われます。JR瀬高駅からは無料シャトルバスが運行されます。全体で約7km,約2時間のウォークツアーです。
      1.日時:2013年2月9日(土)10:30〜12:30
      少雨決行、荒天の場合は延期し場所内容を変えて行います。
      前日の午後に判断します。

      2.集合場所時間:現地集合・現地解散

      10:00 JR瀬高駅前発の無料シャトルバスに乗車

      10:20会場(山川市民センター)ウォーク受付付近集合
      ・車で来られる方は会場付近の駐車場(みやま市役所山川支所,JA南筑後山川支所,山川中学校など指定場所)にお願いします。防寒、雨具の用意をお忘れなく。
      3.募集定員:
      20名程度、先着順です。
      4.参加費:
      一般 1人500円 (資料,保険など)
      シャトルバスは無料
      昼食代は含みません。会場内で自由にお願いします。
      5.行程:

      山川市民センターからウォーキングスタート10:30発→要川公園10:50着(源平最後の戦いの地・解説)→物見塚(平家方の指揮所・要川を一望に見渡せる丘) 11:30頃,七霊の滝(解説)→平家の塔→山川支所→山川市民センター12:30着(解散) ※帰りのシャトルバスは30分毎,夕方まであります。 
      景観ツアー2月チラシ              

       


      ★筑後川流域景観ツアー12月実施報告・「篤姫も泊まった薩摩街道・松崎宿と今村カトリック教会歴史景観めぐり」

      0

        「篤姫も泊まった薩摩街道・松崎宿と今村カトリック教会歴史景観めぐり」実施しました。
        2012年12月9日 小郡市・大刀洗町


         朝から寒い一日でしたが、一般の及び学生含めて20人が小郡、太刀洗周辺の歴史と景観を発見するツアーに参加しました。
        筑前、筑後、肥前3国が接し、九州を往来する人々でにぎわう場であるとともに、合戦の場でもありました。古代から中世、近世の史跡が重なる歴史の宝庫です。

         午前中は江戸時代、薩摩街道の宿場として栄えた松崎宿の旧街道を散策し、特別に有形文化財、旅籠油屋の内部を見学しました。西郷隆盛が泊まったという部屋や愛犬が駆け上がったという大階段の話など興味深いものでした。また宿場への出入り口にあたる北構え口の石垣など当時の遺構などを松崎宿のボランティアガイドの方に熱く語っていただきました。その後、三国ヶ丘の弥生遺跡の丘陵に立つ九州歴史資料館では古代瓦の拓本づくりや、古代衣装の着付けなどを体験し楽しんだあと、折から開催中の長崎街道展を見学しました。その後展望の良い花立山温泉で昼食をとったあと、大刀洗町ではその名の元となった大刀洗川に立つ南北朝の大保原合戦の主役菊池武光像の前で大刀洗ふるさと案内人のガイドの方々が、紙しばいによる解説をしていただきました。そして江戸時代床島堰を造った五庄屋を祀った大堰神社と床島用水のサイホンを見学。最後にキリシタンの歴史を伝える今村カトリック教会の内部を見学しました。教会堂の中はクリスマスに向けて地元の信者の方々による大そうじの最中でしたが、ガイドの方の案内で特別に許可をいただき、内部を見ることができました。夕陽に映えた美しいステンドグラスや高良山杉の列柱とドームが印象的でした。

         このツアーコースは身近かですが、掘り起こせば魅力的な場所が多く、参加者は新しい景観が発見できたようです。
        (記事・写真:nbt・筑後川まるごと博物館運営委員会)
        今村カトリック教会↓
        今村カトリック教会
        五庄屋を祀る大堰神社↓
        大堰神社
        大刀洗公園の菊池武光像↓
        菊池武光像
        大刀洗ふるさと案内人の方々による南北朝時代の菊池武光の解説↓
        菊池武光像の紙しばい解説
        九州歴史資料館で大宰府官吏の時代衣装体験↓
        古代衣装の着付け体験
        古代瓦の拓本とり体験↓
        古代瓦の拓本体験
        西郷隆盛も泊まったと伝わる薩摩街道・松崎宿の旅籠油屋↓
        松崎宿外観


        ★12月9日筑後川流域景観ツアー予告・篤姫も泊った薩摩街道松崎宿と今村カトリック教会/歴史景観巡り

        0
           筑後川流域景観ツアー
          (ちっご川めぐる・筑後川まるごとリバーパーク)

          ジョギングジョギング「篤姫も泊った薩摩街道・松崎宿と今村カトリック教会/歴史景観巡り」

          参加者を募集中

          小郡、太刀洗周辺は歴史の宝庫です。筑前、筑後、肥前3国が接し、九州を往来する人々でにぎわう場であるとともに、合戦の場でもありました。古代から中世、近世の遺跡が重なる北筑後の歴史と景観を発見するツアーです。江戸時代、薩摩街道の宿場として栄えた松崎宿は旧街道を散策し、特別に有形文化財、旅籠油屋の内部を見学します。近くの弥生遺跡の丘陵に立つ九州歴史資料館では古代瓦の拓本体験、古代衣装体験などができます。展望の良い花立山温泉で昼食を自由にとります。大刀洗町ではその名の元となった大刀洗川に立つ南北朝の大保原合戦の主役菊池武光像江戸時代床島堰を造った五庄屋を祀った大堰神社と床島用水のサイホンを見て、最後にキリシタンの歴史を伝える今村カトリック教会の内部を見学します。夕陽に映える美しいステンドグラスと広大な田園風景が印象に残ることでしょう。
          1.とき:2012年129(日) 日帰りバスツアー      

          久留米大学9:00,西鉄久留米駅前9:30出発(各10分前には集合)

          雨天でも実施します。荒天が予想される時は前日午後に判断します。
          実施が不明な場合は問合せ先の携帯電話に確認して下さい。

          2.集合場所時間:(時間厳守) [各10分前には集合]
          1.久留米大学御井図書館下 9:00
          2.西鉄久留米駅前・日本生命ビル前 9:30

          ※福岡からは天神8:30発の西鉄電車特急で西鉄久留米駅前集合に間に合います。
          3.募集定員:
          20名程度、先着順です。
          4.費用:
          一般 1人3,000円、学生 1,000円
          (バス代,入館料,資料,ガイド,保険を含む。昼食は別途各個人払いでお願いします。)

          5.行程:

          久留米大学9:00発→西鉄久留米駅前9:30発 →薩摩街道・松崎宿→九州歴史資料館で古代体験 →花立山温泉(昼食)→太刀洗公園・菊池武光像 →大堰神社・床島用水→今村カトリック教会→西鉄久留米駅前着17:15→→久留米大学着17:30
          小郡大刀洗ツアーチラシ


          ★筑後川流域景観ツアー11月実施報告・秋の耳納風景街道「源平伝説が残る草野の町並み歴史探訪ウォーク」

          0
             筑後川流域景観ツアー

            秋の耳納風景街道「源平伝説が残る草野の町並み歴史探訪ウォーク」実施しました

            2012年11月4日 久留米市草野町


             秋の一日、一般の17人の参加者で、「日本風景街道」に今年登録された耳納山麓の草野の町並みをめぐり歩きました。草野町は、源平合戦を経て平安末期から戦国時代まで約400年間を草野氏の城下町として、また江戸時代は豊後街道の宿場町として栄えた所です。その名残りの社寺仏閣や旧家が数多く残っています。

            この日は地元の人々による「草野まちかど博物館」のイベントが行われ、ふだん見られない所が一般公開されていました。地元ガイドの方の案内で歴史ある草野の町並みをゆっくり歩きながら歴史と景観を訪ねました。

             旧久留米城の城門を移したという寿本寺の山門や旧家の上野武則邸や、県指定文化財の鹿毛鶴之助邸では代々伝わる貴重な品の数々に圧倒されました。

             地元の歴史を伝える草野歴史資料館では、学芸員の方から草野の歴史の詳しい解説や、草野に関わる源平伝説の話をうかがい、参加者は興味深げでした。その後、工房草野ではコーヒーやこんにゃくのもてなしがあり、組み木細工の体験もできました。

            須佐能衰神社のすばらしい社殿を見学した後、最後に上野寛二邸をご主人の案内で見学させていただきました。この日訪れた旧家はいずれもふだん居住されている家ばかりですが、内部を見学させて頂いた上に詳しい解説までしていただきました。

             また、途中雨が降ってきたときには地元住民の方々が車で次の場所まで送って下さいました。草野の皆さんの温かいもてなしに参加者は皆感謝していました。

            (記事・写真:nbt・筑後川まるごと博物館運営委員会)
            寿本寺
            鹿毛鶴之助邸
            組み木細工の体験
            草野のスサノオ神社

            草野ツアー上野邸集合


            ★11月4日筑後川流域景観ツアー予告・秋の耳納風景街道「源平伝説が残る草野の町並み歴史探訪ウォーク」

            0
               筑後川流域景観ツアー
              (ちっご川めぐる・筑後川まるごとリバーパーク)

              ジョギングジョギング秋の耳納風景街道
              「源平伝説が残る
               草野の町並み歴史探訪ウォーク」

              参加者を募集中

              12:40

              13:00

              16:15頃

              耳納山麓は「日本風景街道」に今年登録されました。その一角の草野町は、源平合戦を経て平安末期から戦国時代まで約400年間を草野氏の城下町として、また江戸時代は豊後街道の宿場町として栄えました。その名残りの社寺仏閣や旧家が数多く残っており、当日は地元による「草野まちかど博物館」が行われ、ふだん見られない所が一般公開されます。地元ガイドの案内で町並みを巡ります。源平の伝説が聞けるかも。途中コーヒータイムをとり、簡単な組み木細工の体験ができます。秋を満喫して約2kmをゆっくり歩きます。

              1.とき:2012年114(日) ウォーキング 

              少雨決行。荒天の場合は企画変更して延期します天気予報により前日午後に判断。どうなるか不明な場合は、下記の問合せ先の携帯電話に確認して下さい。

              2.集合場所時間:(時間厳守) 

              A:JR久大本線筑後草野駅前12:40集合(付近に駐車場なし)JR久留米12:13発 → 筑後草野12:37着のJRを利用してください。集合の方は草野駅前12:54発の無料巡回バスに乗りBで合流します。
              B:イベント本部13:00集合(車で来られる方は本部付近の駐車場を利用のこと)<草野コミュニティセンターバス停,草野小学校入口付近です>

              3.募集定員:20名程度、先着順です。
              4.費用:
              1人500円(組み木細工体験料,資料,保険代含む)交通費,飲食代は各自負担
              5.行程:

              集合場所 JR久大線筑後草野駅12:40集合-無料巡回バス12:54発〜集合場所本部,草野コミセン前13:00集合〜町並み歴史探訪へ出発13:10→ 寿本寺 →上野武則邸 →鹿毛鶴之助邸(県指定文化財)→ 草野歴史資料館(草野の歴史の解説有り)14:30工房草野(休憩約40分、コーヒータイム、組み木細工の体験有り) → 須佐能衰神社 → 専念寺 → 上野寛二邸 →JR久大本線筑後草野駅16:15頃解散→16:37発JR草野駅発久留米駅行、または本部に駐車の方は16:28発無料巡回バスで本部へ11月草野ツアーチラシ


              ★筑後川流域景観ツアー10月実施報告・五庄屋物語の郷うきは「大石堰と歴史的街なみ,名水探訪ツア-」

              0
                五庄屋物語の郷うきは「大石堰と歴史的街なみ・名水探訪ツアー」実施しました
                2012107
                うきは市

                 小説「水神」の舞台となった、うきは市の水と街並みの歴史と景観を探訪するバスツアーを秋晴れの中行った参加者20人はバスで西鉄久留米駅前を出発し、うきは市を訪れた。

                吉井町では観光協会で、地元ガイドの星野さんと合流し、つきっきりで案内していただいた。まず豊後街道で栄えた吉井の伝統的街並みを歩いて案内していただき、昼食は製めん所でそば打ち体験をしたあと、自分が打ったそばを味わった。参加者は楽しそうに体験していた。

                 日岡古墳では内部見学ができ、有名な同心円の色鮮やかな装飾を見ることができた。その後、江戸時代に5人の庄屋を中心に浮羽の農民達が血と汗を流し知恵を結集して筑後川の灌漑施設を築き上げた五庄屋物語で有名な大石長野水道を上流へさかのぼっていった。原鶴温泉付近で水道が分流する角間天びん、そして五庄屋をまつった長野水神社では、用水が川の下をくぐる不思議なサイフォンを見学。
                 そしていよいよ大石堰に到着。駐車場から大石堰を通り水神社へ散策し、周辺の雄大な景観にふれた。
                さらにさかのぼり、筑後川が大きく蛇行する筑後地区唯一の峡谷である夜明峡谷では江戸時代の4大井堰の一つ旧袋野堰から取水した袋野用水の一部を見ることができた。

                 帰途、道の駅うきはで筑後平野の展望を楽しみ、最後に名水百選の清水湧水に寄り、全員ペットボトルに水を汲んで帰った。
                ●企画・実施:筑後川まるごと博物館運営委員会  福岡県
                (記事、写真:nbt・筑後川まるごと博物館運営委員会
                写真:大石堰で集合↓
                景観ツアー10月大石堰で集合
                筑後吉井の伝統的な街並みを歩く↓
                吉井の町並み
                昼食は、そば打ち体験↓
                そば打ち体験
                道の駅うきはの展望台から筑後平野の雄大な景観を眺める↓
                道の駅うきは展望台
                日本名水百選の清水湧水で水を汲む↓
                清水湧水


                ★10月7日筑後川流域景観ツアー予告・五庄屋物語の郷うきは「大石堰と歴史的街なみ,名水探訪ツア-」

                0
                   筑後川流域景観ツアー
                  (ちっご川めぐる・筑後川まるごとリバーパーク)

                  ジョギングジョギング五庄屋物語の郷うきは
                  大石堰と筑後吉井の歴史的街なみ・名水探訪ツア-」


                  参加者を募集中

                    小説「水神」(帚木蓬生氏作、2010年度新田次郎文学賞受賞)の舞台となった、うきは市の水と街並みの歴史と景観を探訪するバスツアーです。昼食は有名な製めん所でそば打ち体験をしたあと、そのそばを味わいます。五庄屋物語は、江戸時代に5人の庄屋達を中心に浮羽の農民達が血と汗を流し知恵を結集して筑後川の灌漑施設を築き上げた物語です。雄大な景観の大石堰、用水が川の下をくぐる不思議なサイフォンの現場、五庄屋を祀った長野水神社、用水の分岐点・角間天秤など地元の歴史ガイドの解説付きで巡ります。豊後街道で栄えた吉井の伝統的街並みや、筑後川が大きく蛇行する筑後地区唯一の峡谷、名水百選の湧水へも行きます。水を汲みたい方はペットボトルをご持参下さい。
                  1.とき:2012年107(日) バスツアー      

                  久留米大学8:30,西鉄久留米駅前9:00出発(各10分前には集合)
                  雨天でも実施します。荒天が予想される時は前日午後に判断します。
                  実施が不明な場合は問合せ先の携帯電話に確認して下さい。

                  2.集合出発の場所時間:(時間厳守) 
                  [各10分前には集合]
                  1.久留米大学御井図書館下 8:30
                  2.西鉄久留米駅前・日本生命ビル前 9:00

                  ※福岡からは天神8:00発の西鉄電車特急で集合に間に合います。
                  3.募集定員:
                  20名程度、先着順です。
                  4.費用:
                  一般 1人3,000円、学生 2,000円
                  (そば打ち体験の昼食つき、バス、資料、ガイド、保険を含む)
                  5.行程:

                  久留米大学8:30発→西鉄久留米駅前9:00発 →吉井の街なみめぐり →そば打ち体験の昼食→日岡古墳→長野水神社→大石堰→田栄神社(筑後川の大湾曲)→うきは道の駅より展望→清水湧水→西鉄久留米駅前17:30着→大学18:00着
                  10月うきはツアーちらし


                  ★筑後川流域景観ツアー8月実施報告「夏休み・親子で川遊びと筑後川の景観体験クルーズ」

                  0
                    「夏休み・親子で川遊びと筑後川の景観体験クルーズ」実施しました。
                    (筑後川流域景観ツアー8月報告)
                    2012年8月4日 久留米市合川
                     


                     
                    夏の暑い一日、筑後川防災施設くるめウス周辺の筑後川と支流高良川で、親子45人が川遊びとクルーズを楽しみました。
                    一般募集で集まった参加者は午後1時過ぎに集合し、まずすぐ近くの高良川で川遊びを行いました。

                    高良川は小さな子ども達も遊べる水深の浅い川です。子ども達は、最初はこわごわ川に入っていましたが、そのうちずぶぬれになってもお構いなしに水に飛び込んだり、もぐったりし、水のかけっこをして大はしゃぎでした。さすがに45人もいっぺんに川に入ると、小さな川はラッシュアワーの状態です。スタッフは子ども達がケガしないように、そっと見守っていました。

                    川から上がって、着替えたのち、今度は筑後川の川岸に全員移動しました。遊覧船おかむら丸に乗り込み、くるめウス下から水天宮沖まで往復の60分の筑後川クルーズです。途中、珍しい「くるめ舟通し」を通過。くるめ舟通しは、筑後川の堰を船が通れるようにパナマ運河方式で作った珍しい水路でこのコースのハイライトです。エレベーター式で上下に水位を調節して通る舟の様子に歓声が上がりました。岡村船頭さんの名調子の解説は子ども達に人気でした。翌日筑後川花火大会が盛大に行われる水天宮では花火大会の準備作業が見られました。

                    この日一日、参加者は親子で川遊びを楽しみ、筑後川の遊覧船に乗って、川から山や街を見て新しい発見をしたようです。
                    ●企画・実施:筑後川まるごと博物館運営委員会  福岡県
                    (記事・写真:nbt・筑後川まるごと博物館運営委員会)

                    写真:高良川で川遊びする親子たち
                    高良川で川遊び高良川で川遊び
                    写真:筑後川遊覧船おかむら丸
                    遊覧船おかむら丸船内の様子
                    遊覧船おかむら丸

                    ★2012年8月4日筑後川流域景観ツアー予告・夏休み親子で川遊びと筑後川の景観体験クルーズ

                    0
                       筑後川流域景観ツアー
                      (ちっご川めぐる・筑後川まるごとリバーパーク)

                      ジョギングジョギング夏休み親子で川遊びと
                        筑後川の景観体験クルーズ

                      参加者を募集中
                      親子で川遊びを楽しみ、筑後川の遊覧船に乗って、川から山や街を見てみませんか。川からの景色は心を癒してくれます。くるめ舟 通しは、筑後川の堰を船が通れるようにパナマ運河方式で作った珍しい水路でこのコースのハイライトです。翌日筑後川花火大会が盛大に行われる水天宮沖を往復します。花火大会の準備作業が見られるかも。ゆったりとした60分の船の旅。この機会に筑後川に出かけてみませんか。
                      1.日時:2012年8月4日(土)
                      A 川遊び:
                      13:15くるめウス集合,受付(川遊びの希望者のみ)〜高良川で川遊び〜14:15館内へ戻りクルーズへ参加 

                      B クルーズ:
                      14:30川岸の乗船場集合
                      (乗船のみの方はこの時間に集合)14:45出港〜15:45帰港(乗船時間約60分)

                      AとBはセットですが、Bクルーズだけの参加もできます。

                      2.集合場所時間:
                      くるめウス下の筑後川河川敷乗船場より船が出ます。
                      ●詳しくはチラシをご覧下さい。↓
                      夏休み川遊びと筑後川遊覧船体験クルーズ

                      ●企画・実施:筑後川まるごと博物館運営委員会  福岡県

                      ★お問い合わせ筑後川まるごと博物館運営委員会
                      TEL:& FAX:(0942)21-9311
                      携帯:090-7989-6901(nabeta) 
                      Eメール
                      ppnpf822@yahoo.co.jp


                      ★2月11日筑後川流域景観ツアー予告・大川肥後街道宿場町の酢倉と風浪宮大祭・流鏑馬(やぶさめ)体感ツアー

                      0
                         筑後川流域景観ツアー
                        (ちっご川めぐる・筑後川まるごとリバーパーク)

                        ジョギングジョギング大川・肥後街道宿場町の酢倉と風浪宮大祭・流鏑馬(やぶさめ)体感ツアー
                        参加者を募集中
                        江戸時代、現大川市の榎津地区は旧久留米藩の渡船場・港町として、小保地区は旧柳河藩の宿場町として、あの伊能忠敬も宿泊した古い町並みです。その境界には「お境石」と呼ばれる石柱が並び、肥後街道沿いの宿場町の特徴ある歴史的な町並みが現在まで保たれています。2つの藩によって形成された宿場町は全国でも非常に稀なもので、歴史的価値の高い地区です。ここで300年間伝統技法を守る庄分酢の酢蔵や建物を見学。その後、約1800年の歴史を持つ神功皇后ゆかりの風浪宮(国指定重要文化財)へ参り、開催中の風浪宮大祭で流鏑馬(やぶさめ)を観覧します。地域の歴史と伝統文化を満喫するツアーです。(歩く距離は約1.5km程度です)
                        1.日時:2012年2月11日(日)
                         雨天の場合は延期しますがその際風浪宮大祭はありません
                          
                        前日の午後に判断します。
                          実施が不明な場合は下記の問合せ先の携帯電話に確認して下さい。

                        2.集合場所時間:現地集合・現地解散
                        ●下のAかBを選択して申込み書に明記してください。
                        A.12:30 西鉄柳川駅集合(改札前付近)
                           
                        路線バスで大川市内Bへ移動します。(約20分300円)
                          (参考)西鉄柳川駅時刻表リンク
                              西鉄電車で福岡方面から→福岡天神11:30発→
                              →久留米11:59発→柳川12:17着 が便利です。

                        B.13:30 ヴィラヴェルディ1Fの大川市観光情報センター

                              大川市大字榎津325−32(TEL:0944-87-0923)
                           
                         Aと合流してここから肥後街道を歩きます。
                        ※昼食はありません。済ませて参加して下さい。
                        3.募集定員:
                        20名程度、先着順です。
                        4.参加費:
                        一般 1人500円
                          (資料,保険,肥後街道から風浪宮へのタクシー代含む)
                          
                        バス代は各自負担でお願いします
                        。(柳川ー大川 300円) 
                        5.行程:
                         ●申込み、詳細はこちらをクリック→CCRN-blog
                        景観ツアー2月大川チラシ

                        ●企画・実施:筑後川まるごと博物館運営委員会  福岡県

                        ★お問い合わせ:筑後川まるごと博物館運営委員会
                        TEL:& FAX:(0942)21-9311 携帯:090-7989-6901(nabeta) 
                        Eメール
                        ppnpf822@yahoo.co.jp


                        << | 2/3PAGES | >>