スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2014.12.06 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    あっちゃあ、橋がない!(広川町)

    0
      橋がない
      ここは、広川町の、愛犬とちょくちょく散歩に来る、とある小さな川辺。

      7月4日、梅雨末期の激しい豪雨。川が氾濫! 大変だあ!

      ああっ! いつも渡っている橋がない! 流された!?

      ちゅうこっじゃあ、ありまっシェン。
      橋があった

      豪雨が止んだ午後、心配して再び、見に来たら、ご覧のとおり、

      橋は、しっかり、ご健在でした。(画像の御仁は小生ではありません)

      ここの橋は構造的には「沈下橋」という代物とのことです。

      広川町には、ここだけにあります。

      「牟礼の沈下橋」と小生は勝手に名付けております。

      この橋の普段の風景は、

      当サイトのカテゴリー「気になる風景」の【牟礼の沈下橋】で

      掲載しています。是非、ご覧ください。 

      ・撮影場所:広川町大字広川287番地

      ・撮影日時:平成2474

      ・投稿者:いっちゃん
       地図はこちら→筑後の景観まるごとマップ


      鍋底山(広川町)

      0
        鍋底山1(広川町)
        鍋底山2(広川町)
         筑後平野の広川町から以南(広川町、旧八女市域、筑後市)一帯から、東方の八女の山々を眺めたとき、織り成す山々の稜線の中に、ひとつ、際だって面白い形の山を望むことができる。それは、まるで、鍋をひっくり返した、鍋の底の様な形状の山なのである。昔から、これらの地域の人々は、童話にでも出てきそうなこの山を、親しみを込めて「鍋底山」と呼んできた。

         さて、ところがである。眺めることのできるこの地域の人々は、その「鍋底山」が、本当の名称が何で、その位置が正確には何処であるのか、ほとんどの者が知らないのだ。いわんや、小生もその一人であった。知らないまんまで良いのかも、とも思ったが、投稿するにあたり、調べてみることにした。
         国道442号線を東へ、八女市福島町を過ぎて黒木町へ向かうと、ああ「鍋底山」は隠れてしまった。手前の山々に塞がれてしまうのだ。ついぞ、見ることができない!まっ、これでいいっか。このまんまで。
         鍋底山・山頂は福岡県八女市黒木町と熊本県山鹿市鹿北町の県境。本当の山の名称「女岳(雌岳)」矢部川水系の支流、田代川、神露淵川の源流である。

        ・撮影場所:
        広川町大字六田102番地
              広川町善蔵塚古墳公園より方角で南東を見て撮影。
        ・撮影撮影:平成24512日(土)
        ・投稿者:いっちゃん
         
        地図はこちら→筑後の景観まるごとマップ 

        広川源流(広川町)

        0
          広川源流(広川町) 

          広川源流シャガ(広川町)
          広川源流ゴイサギ(広川町)
          広川町の最奥、広川の源流の3ショットです。

          広川ダム湖の最上流地に芝生広場と駐車場があります。綺麗なトイレも完備。ここまでは難なく車で行けます。お弁当を食べたり、ハヤ釣りをしたり・・・しかし、これより奥へは源流沿いに道はありますが、初めての人にはお薦めできかねます。車は通行できますが、狭くて、もし、対向車が来た場合、離合できる所がほとんどないです。

          道と川の間にガードレールなんて無いです。それだけに、自然に満ち溢れたコースでもあります。谷間の樹木と清流、澄んだ空気と風、野鳥のさえずり、サワガニ、野草、昼間から猪に出逢うかも!広川源流には、ハヤ、カワムツ、そしてヤマメ!(本当にいました、多分、どなたかが放流した、でも、少ない)

          「いっちゃんのお薦め」広川源流探索 「ウオーキング」

          【準備するもの】

          当地へ行く車/軽登山できる服装と靴/お飲み物/お弁当とお菓子/携帯救急薬品/カメラ/釣り道具・双眼鏡etc
          【さあ!】

             ダム湖最奥の公園駐車場まで行こう。

             準備したものを確認して、バッグに入れ背負う。

             ウオーキング開始(行き30〜60分、12時間の行程)

          一本道の往復、決して脇道には入らないように。

          ゴミは必ず持ち帰りましょう。

          ※梅雨期や大雨の後は入渓しないようにしましょう。

          ・撮影場所:広川町水原(広川ダムの上流へ約1000〜1800メートルあたり)

          ・撮影日時:平成24年4月30日午前9〜11時
          ・投稿者:いっちゃん
           地図はこちら→筑後の景観まるごとマップ


          卯月の献花(広川町)

          0
            卯月の献花(広川町)
            「春爛漫の
            4月。花々が一斉に咲き始めました。ここは竜光寺公園内にある広川野球場の小さな花壇です。広さは幅50cm長さ5mです。でも、狭くても、咲き誇る花々は見事でしょう。公園管理人の小生と障害のある方たちで手入れしてきた結果、ご覧の花たちが咲いてくれました。皆様へ献花します。」
            青紫の貴婦人「アヤメ」が開花し始めました。5000株のアヤメが4月下旬から5月中旬にかけて見頃となります。おいでください。


            ・撮影場所:広川町大字新代
            1480番地4
            ・撮影日時:平成24419日 1500

             ・投稿者: いっちゃん
              関連サイト
               地図はこちら→筑後の景観まるごとマップ

            竜光寺公園の貴婦人(広川町)

            0
              竜光寺のアヤメ(広川町)
              広川町の竜光寺公園(広川球場含む)には 園内各所に植えられた
              5000株のアヤメが毎年、4月下旬から5月中旬にかけて見事に咲き誇ります。それは、青紫の貴婦人たち、美しいです。いやされます。写真は5000株のほんの一部です。

              撮影場所:八女郡広川町大字新代1480番地4
              ・撮影日時:平成234月下旬
              ・投稿者:いっちゃん
               地図はこちら→筑後の景観まるごとマップ


              弘化谷古墳の晩秋の夕暮れ(広川町)

              0
                弘化谷古墳
                広川町の古墳公園の一角にある弘化谷古墳は装飾古墳として有名です。
                夕暮れ時に訪れ円墳の頂上に登って見ると、はるかに有明海の向こうに長崎県の山々が眺められました。
                ここから南は茶畑の向こうは平らな筑後平野があるのみです。

                撮影場所:広川町大字一条

                撮影日時:2011124

                投稿者:ちっご川
                関連サイト
                地図はこちら→筑後の景観まるごとマップ


                小椎尾の天まで届く段々畑(広川町)

                0
                  小椎尾の段々畑とすすき
                  筑後川の支流、広川の源流奥深い所に小椎尾の小集落があります。広川ダムと結ぶ急な山道を行くと、天まで届くような段々畑が谷の向こうにあらわれました。
                  谷のこちら側もお茶畑を中心とする段々畑が広がっています。山々の向こうには、筑後平野さらに有明海が遠望される所です。ススキの穂が波打ち、柿がたわわに実をつけていました。

                  ・撮影場所:八女郡広川町小椎尾

                  ・撮影日時:2011116

                  ・投稿者:kourasan
                  地図はこちら→筑後の景観まるごとマップ


                  水車そばが味わえる逆瀬ゴットン館(広川町)

                  0
                     逆瀬ゴットン館新そば祭り
                    逆瀬谷には、むかし水車が多く回っていたといいます。
                    今はそれを伝えるため、直径7mの巨大水車が作られ、ひたすら米をついています。
                    水車大工として故中村忠幸氏の伝統技術を保存するため氏設計によるものです。
                    すぐ横に、この水車でひいてそばを食べさせてくれる水車そばの店があります。
                    この日は、新そば祭りが開かれて、そばファンが次々訪れていました。
                    近くには、薬師堂があり境内に湧き出ている水は人々の病を癒す霊水として知られています。
                    場所:福岡県八女郡広川町大字水原2777番地1  
                    TEL:0943-32-6525
                    関連サイト
                    撮影日時:2011年11月6日14:56
                    投稿者:ちっご川
                    地図はこちら→筑後の景観まるごとマップ

                    | 1/1PAGES |