スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2014.12.06 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    ★筑後川流域景観ツアー2014年2月実施報告・城下町絵図片手に歴史ガイドと歩く「水郷・柳川の雛祭りと掘割巡り」

    0
      筑後川流域景観ツアー
      城下町絵図片手に歴史ガイドと歩く

      水郷・柳川の雛祭りと掘割巡り」
      実施しました。
      2014年2月23日 福岡県柳川市

      暖かい春の日を浴びて、
      水郷・柳川の雛祭りさげもん巡りと掘割を歩きました。
       
      よく晴れた暖かい春の午後、雛祭りが開催中の柳川の町を、西鉄柳川駅から沖の橋・御花前までの4km、掘割をのんびり行くドンコ舟を横に見ながら20人の参加者とともに、ゆったりと歩きました。
       柳川は、約400年前柳河城築城の際、堀を掘って形成された城下町です。そこは、治水・利水のための水利体系が整備され、先人の知恵による様々な仕組みが今なお息づいています。平家の落人伝説や藩政時代の遺産が残る柳川は、狭い中心市街地に網の目のように張り巡らされた掘割と人々の生活が共生するまちです。
       柳川の歴史に詳しい柳川市観光ボランティアガイドの古賀さんに同行していただき、江戸時代の城下町の絵図を片手に詳しく案内していただきました。途中には折から開催中のひな祭り・さげもん飾りが京町商店街や沖の橋など各所にあり、華やかな城下町の雰囲気を充分に楽しみました。ドンコ舟が行き交う掘割沿いの日本の道百選の通りは参加者の皆さんがお気に入りの風景でした。ドンコ舟の船頭さんや乗船客たちと声を交わしたり手を振ったりして楽しげにしていました。
       掘割り沿いに日吉神社、柳城公園、田中吉政公像、白秋道路とゆっくり歩き、大勢の観光客で賑わう沖の端から平家落人の六騎伝説の矢留大神宮へと歩き、御花前で16時頃解散しました。この日の午後は柳川の歴史と景観を再発見する楽しいウォークツアーとなりました。ユーモアあふれる名ガイドの古賀さんに参加者みんなが感謝!

      (nbt筑後川まるごと博物館運営委員会)
      ひな祭りさげもん飾り↓
      ひな祭りさげもん飾り
      あめんぼセンター前で集合、後ろは掘割り↓
      柳川ひな祭りウォークツアーあめんぼセンター
      日本の道百選の掘割りを歩く↓
      掘割りを歩く
      ドンコ船が行き交う掘割り沿いの道を歩く↓
      ドンコ船行く掘割りを歩く
      平家伝説の矢留大神宮↓
      矢留大神宮
      お花で最後の解説、ガイドの古賀さんご苦労様↓
      お花で解説


      ★2014年2月23日筑後川流域景観ツアー予告「城下町絵図片手に歴史ガイドと歩く「水郷・柳川の雛祭りと掘割巡り」」

      0
         筑後川流域景観ツアー(筑後川まるごとリバーパーク)
        ジョギングジョギング 城下町絵図片手に歴史ガイドと歩く

        水郷・柳川の雛祭りと掘割巡り」
        参加者を募集中 ・・・
         当日、柳川雛祭り・さげもんめぐり開催中!

        柳川は、400年前柳河城築城の際、堀を掘って形成された城下町です。そこには、治水・利水のための水利体系が整備され、先人の知恵による様々な仕組みが今なお息づいています。平家の落人伝説や藩政時代の遺産が残る柳川は、狭い中心市街地に網の目のように張り巡らされた堀割と人々の生活が共生するまちです。このツアーでは、西鉄柳川駅から沖の端・御花前までの約4km、掘割をのんびり行くドンコ舟を横に見ながらゆっくり歩きます。柳川の歴史に詳しい地元の名物ガイドに同行していただき、江戸時代の城下町の絵図を片手に詳しく案内します。途中には折から開催中のひな祭りのさげもん飾りが各所にあり楽しめます、華やかな城下町の風景と共に、柳川の歴史を再発見できるウォークツアーです。●なお希望者はこのツアーで撮影した写真を,「みんなでつくろう筑後の景観」ホームページに投稿・掲載また、筑後川防災施設くるめウスでの景観写真展に投稿し展示できます。
        1.日時:2014年223(日)
           12:30西鉄柳川駅出発〜16:00頃までに御花付近で解散
         
        荒天の場合は次週に延期。天気予報により前日午後に判断します。
         実施が不明な場合は事前に下記の問合せ先に確認して下さい。
        2.集合・出発の場所時間:
          西鉄柳川駅改札前に 
         午後12:20までに集合
        してください。
              12:30には出発します。
        (久留米方面から、参考:西鉄久留米12:00発特急で柳川12:18着)

        昼食は事前に各自済ませてご参加ください。
         このコースに昼食は含まれていません。
         ・車で来られる方:西鉄柳川駅周辺の有料駐車場を利用のこと。
        3.解散の場所:御花前付近で解散(16:00頃予定)
        4.募集定員:20名程度、先着順です
        5.参加費:1人500円 (交通費,入場料,飲食代は各自負担)
                       資料,ガイド,保険料等,を含む。
        6. 服装: 歩きやすい服装 ,,防寒具(約4kmを歩きます)
        7.行程:

        ●コース:西鉄柳川駅12:30発 →京町通り商店街さげもんめぐり→

        辻門市場→掘割り沿いを歩く約4km(あめんぼセンター水の資料館、日本の道百選、日吉神社、柳城公園、田中吉政公像、白秋道路、旧戸島家住宅、 沖の端漁港、矢留大神宮、白秋公園、沖の端橋)→御花前で16:00頃までに解散予定

        解散後,柳川駅・久留米方面へのバス、電車の時刻

        西鉄バス・御花前16:09、17:07発→西鉄柳川駅へ約15分

        ・柳川駅発の特急電車は30分ごとにあります。
          福岡行き特急16;36,17:06,17,36
        ※上記内容は天候などの状況等により変わることがあることをご了承下さい。

        ※ツアー中撮影した写真,映像は当方の広報等への利用をご了承ください。
        7.企画・実施:
        筑後川まるごと博物館運営委員会,福岡県
        8.お問い合わせ,申し込み先:
        筑後川まるごと博物館運営委員会
        TEL:& FAX:(0942)21-9311 
        Eメール:ppnpf822@yahoo.co.jp
        申し込み締切り2月16日
        ★下の申込み書に記入して上の所へ送ってください。
        2月23日(日
        )
        歴史ガイドと歩く水郷・柳川の雛祭りと掘割巡り」
        参加申込書

        ●申込者のお名前:                             (全員記入)                  
        ●申込人数:合計一般   人
        ●連絡先住所:
        〒            
                         

        TEL:         携帯TEL:         
        (携帯電話の番号は緊急時連絡のためできるだけ記入してください)

        FAX:                  Eメール:           
        (今後の案内をさしあげますのでできるだけご記入ください)

        ●このツアーを知ったのは→1チラシ, 2案内状, 3知人の誘い,4ホームページ,
        5一般の新聞、6筑後川新聞, 7その他(         )
        柳川城下町絵図コース420
        ●景観ツアー2月「柳川雛祭りと掘割り巡り」ツアーチラシ


        ★筑後川流域景観ツアー2013年11月実施報告・南筑後の秋を満喫!「絶景!清水寺の紅葉狩りと長田の大銀杏祭り」

        0
           筑後川流域景観ツアー
          「絶景!清水寺の紅葉狩りと
                      長田の大銀杏祭り」

          実施しました。
          2013年11月24日 福岡県みやま市〜筑後市〜大木町

          南筑後の深まる秋と地元のおもてなしを満喫!

           よく晴れた日となり、西鉄久留米駅前に集合した参加者20
          人はこの日、南筑後の秋探訪ツアーに出発しました。みやま
          市にある清水寺は天台宗の開祖伝教大師(最澄)が遣唐使と
          して帰国した際、大同元年(
          806年)に創建した古刹です。
           開山以来安産、子授け、縁結びの厚い信仰を集めてきました。
          中でも雪舟の作といわれる本坊庭園は紅葉の絶景として有名
          です。

           朝930分過ぎに清水寺の駐車場に到着すると、すでに多く
          の人が訪れていました。観光協会のガイドの方と合流し、さ
          っそく本坊へ向かいました。本坊前の大きな銀杏樹は風で葉
          が落ちて黄色のジュウタンとなっていました。本坊へ上がる
          と庭園を観賞する大勢の人。紅葉は見頃を迎えて見事な景色
          でした。

           本堂への長い石段の途中には、歴史ある五百羅漢、仁王門、
          山門などがあり、清水寺本堂へと登っていくと、途中の紅葉
          がとてもすばらしい。

           さらに奥には三重の塔、そして有明海まで望める筑後平野
          の大展望が開け、ここには白秋の歌碑がありました。これら
          の名所が点在する清水山は全山紅葉に包まれ、地元ガイドの
          歴史解説を聞きながら散策しました。

           午後は長田鉱泉場で行われている長田の大銀杏祭りに参加
          し、だご汁と漬物の食べ比べを行いました。長田の大イチョ
          ウは、樹齢
          400年と伝えられている県指定天然記念物です。
          近くの長田鉱泉では、日本一炭酸泉の水汲みと足湯入浴がで
          きました。
           また、日本最古の天然樟脳工場を見学し、原料の楠の原木
          を細かく砕く機械には驚きました。その後、縁結びの恋の木
          神社を訪れ、最後に道の駅大木ではキノコのもぎ取り体験が
          できました。近くの広門神社では、大木町独特の掘割(クリ
          ーク)と鎮守の森の美しい四囲の景観と地元のガイドの方の
          解説を聞き、帰途に着きました。
          (nbt筑後川まるごと博物館運営委員会)

          清水寺本坊庭園の見事な紅葉↓
          清水寺本坊庭園 

          清水寺の三重塔の紅葉↓
          清水寺の紅葉三重塔
          紅葉の清水山を歩く↓
          清水寺の紅葉歩

          長田の大イチョウ↓
          長田の大イチョウ

          天然樟脳工場見学↓
          天然樟脳工場見学

          縁結びの聖地・恋木神社↓
          恋木神社
          田園の掘割り景観が馴染む広門神社↓

          広門神社



          ★筑後川流域景観ツアー2013年10月実施報告・北野の歴史と景観発見ウォーク「北野天満宮とコスモス街道を歩く 」

          0
             筑後川流域景観ツアー
            北野の歴史と景観発見ウォーク
            「北野天満宮とコスモス街道を歩く
            実施しました。
            2013年10月12日 久留米市北野町

            北野の歴史と筑後平野の景観、満開のコスモスを愉しむ

             秋晴れの1012日、午前930分、西鉄甘木線大城駅に参加者15人が集ってウォークツアーをスタートしました。(福岡県と共催) 北野町は広大な筑後平野の真ん中にあります。三井郡の名前の由来となった益影の井、古代の歴史を伝える良績遺跡や塚島古墳、御井郡惣廟の赤司八幡宮、赤司城跡などを見渡す平野のまっただなかを歩きました。平安時代後期に京都から道真公の分霊を祀り創建された北野天満宮は、「北野」の地名の起源となり、その門前町そして坊津(薩摩)街道としても栄えました。 北野天満宮では、陣屋川をよくする会の会長さんや宮司さんにこのような北野の歴史の話を伺いました。北野天満宮の横を流れる陣屋川の堤防上には、コスモスが4kmの長さで育てられコスモス街道として有名です。 101213日はコスモスフェスティバルが開催され、コスモスウェディングなど多彩な催しが行われました。私たちは西鉄甘木線大城駅からコスモスパークまでの約4km、歴史の案内とコスモスの花を見ながらゆっくり歩きました。途中には3つの酒蔵もあり、のどかな秋の田園風景とともに地域の歴史を再発見したツアーとなりました。
            (記事・写真:nbt・筑後川まるごと博物館運営委員会)

            コスモス街道を歩く320鉄橋
            コスモス街道を歩く320コスモス
            コスモス街道を歩く320宮司解説
            コスモス街道を歩く320耳納連山
            コスモス街道を歩く420旗
            コスモス街道を歩く420神社
            コスモス街道を歩く420終点


            ★2013年10月12日筑後川流域景観ツアー予告「北野の歴史と景観発見ウォーク/北野天満宮とコスモス街道を歩く」

            0
               筑後川流域景観ツアー(筑後川まるごとリバーパーク)
              ジョギングジョギング 北野の歴史と景観発見ウォーク
              「北野天満宮とコスモス街道を歩く」

              参加者を募集中 ・・・
                 当日,コスモスフェスティバル開催中!

              北野町は広大な筑後平野の真ん中にあります。三井郡の名前の由来となった益影の井、古代の歴史を伝える良積遺跡や塚島古墳、御井郡惣廟の赤司八幡宮、赤司城跡など興味は尽きません。平安時代後期に京都から道真公の分霊を祀り創建された北野天満宮は、「北野」の地名の起源となり、その門前町そして坊津(薩摩)街道としても栄えました。今、北野天満宮の横を流れる陣屋川の堤防上には、コスモスが4kmの長さで育てられコスモス街道として有名です。10月12,13日はコスモスフェスティバルが開催中で多彩な催しが行われます。これにあわせてこのツアーは西鉄甘木線大城駅からコスモスパークまでの約4km、歴史の案内とコスモスの花を見ながらゆっくり歩きます。途中には3つの酒蔵もあり、のどかな秋の田園風景と共に地域の歴史を再発見するツアーです。なお希望者はこのツアーで撮影した写真を,「みんなでつくろう筑後の景観」ホームページに投稿・掲載また、筑後川防災施設くるめウスでの景観写真展に投稿し展示できます。
              1.日時:2013年10月12日(土)9:50〜12:00

              雨の場合は翌日の13 日に延期します。天気予報により前日午後に判断します。実施が不明な場合は下記の問合せ先に確認して下さい。
              2.集合・出発の場所時間:
               西鉄甘木線大城(おおき)駅前
                         午前9:40までに集合
              してください。
                         9:50に出発します。
              以下の西鉄電車(甘木線)を利用して集合してください。
               西鉄久留米9:06発甘木行き→大城9:25

                    9:10発甘木行き→大城9:39着

              (西鉄福岡天神8:30発特急で久留米乗換え、
               または福岡天神8:39発急行で宮の陣乗換え)

              ※当日は混雑が予想されますので出来るだけ電車でお出でください。

              ・車で来られる方:
              甘木線北野駅周辺の指定駐車場
              (北野公民館,市北野総合支所等)に止め
              北野駅
              9:22または9:35発甘木行電車で大城駅で下車して下さい。
              3.募集定員:
              20名程度、先着順です。
              4.参加費:
              1人500円 (交通費,飲食代は各自負担)

                資料,ガイド, 記念写真,保険料等,を含む。

              5. 服装: 歩きやすい服装 ,靴などを推奨(約4kmを歩きます)
              6.行程:
              ●コース
              西鉄甘木線大城駅前9:50発 →筑後平野の農業地帯を歩く約1km)→

              →陣屋川沿いにコスモス街道を歩く約4km
              (途中北野の歴史案内・北野天満宮、酒蔵)
              コスモスパーク到着12:00解散
              解散後は、各自、自由にコスモスフェスティバル
              をお楽しみ下さい。

              (イベント例;野菜収穫体験13:00,15:00会場テントで受付,
              コスモスウェディング
              14:00〜等が予定されています)

              ●解散後,久留米への時刻
              (解散地点より北野駅へ徒歩約15分程度)

              西鉄甘木線北野駅12:49発→宮の陣13:00着→西鉄久留米駅13:06着

              北野駅発の電車は前後30分ごとにあります。
               (福岡方面へは宮の陣,久留米駅で乗り換え)

              ※上記内容は天候などの状況等により変わることがあることをご了承下さい。

              ※ツアー中撮影した写真,映像は当方の広報等への利用をご了承ください。
              7.企画・実施:
              筑後川まるごと博物館運営委員会,福岡県
              8.お問い合わせ,申し込み先:
              筑後川まるごと博物館運営委員会
              TEL:& FAX:(0942)21-9311 
              Eメール:ppnpf822@yahoo.co.jp
              申し込み締切り10月10日
              ★下の申込み書に記入して上の所へ送ってください。
              10月12日(
              )北野天満宮とコスモス街道を歩く」
              参加申込書

              ●申込者のお名前:                           (全員記入)                     ●申込人数:合計一般   人
              ●連絡先住所:
              〒            
                               

              TEL:         携帯TEL:         
              (携帯電話の番号は緊急時連絡のためできるだけ記入してください)

              FAX:                  Eメール:           
              (今後の案内をさしあげますのでできるだけご記入ください)

              ●このツアーを知ったのは→1チラシ, 2案内状, 3知人の誘い,4ホームページ,
              5一般の新聞、6筑後川新聞, 7その他(         )
              景観ツアー10月「北野天満宮とコスモス街道を歩く」ツアーチラシ


              ★筑後川流域景観ツアー2013年9月実施報告・「彼岸花と茅葺集落の里うきは/つづら棚田・くど造り民家探訪ツア-」

              0
                 筑後川流域景観ツアー
                彼岸花と茅葺集落の里うきは
                「日本棚田百選のつづら棚田と
                 くど造り民家探訪ツア
                -」
                実施しました。
                2013年9月16日 うきは市
                彼岸花満開、農家料理・梨狩り・窯元見学に大満足!

                 916日、秋晴れのもと参加者23人は、西鉄久留米駅前に9時に集合し、観光バスでうきは市へ向けて出発しました。吉井町でボランティアガイドが同乗し、途中、うきはの歴史などを詳しく解説していただきました。
                 今回訪れた隈の上川流域は平成247月の豪雨水害で大きな被害を受けました。途中の川沿いや、つづら棚田ではその痕跡があちこちに見受けられました。
                 耳納山地の東端、隈の上川流域は、まさに「日本の原風景」の、どこか懐かしい山里の景観が広がっています。うきは市の新川田篭地区は平成
                247月に国の「重要伝統的建造物群保存地区」に指定されました。  
                 日本棚田百選「つづら棚田」は、約
                400年の歴史がある約300枚の棚田と石垣の景観がすばらしく、稲の刈入れと彼岸花が咲く最も美しい時期でした。森林セラピーロードも歩き(約60分)森林浴を体験しました。
                 昼食は、川沿いの農家民宿で地元のおばしゃんたちの手づくり料理を味わいました。くど造り民家平川家住宅は国指定重要文化財で、3つの棟から成る主屋は江戸時代に建てられ周囲の風景にとけこんで美しい景観でした。
                 帰りに一の瀬焼窯元巡りと巨峰・梨狩りも楽しみ大満足の一日でした。

                (記事・写真:nbt・筑後川まるごと博物館運営委員会)

                つづら棚田集合
                ひがん花棚田の彼岸花
                つづら棚田を歩く
                森林セラピー1森林セラピー2
                民宿馬場集合
                民宿馬場昼食
                平川家住宅
                平川家住宅2
                一の瀬焼登り窯
                一の瀬焼登り窯見学一の瀬焼店内
                梨狩り
                中島農園


                ★筑後川流域景観ツアー2013年8月実施報告・「久留米発・夏休み親子で星野村の自然まるごと探検隊」

                0
                   筑後川流域景観ツアー
                  「久留米発・夏休み親子で
                  星野村の自然まるごと探検隊」

                  実施しました。
                  2013年8月1日 八女市星野村

                  森での3つの体験活動に歓声あがる!
                   夏休みの
                  81日良く晴れた暑い日でした。公募で集った親子約30人が山と森に囲まれた星野村の自然を満喫しました。緑深い山々に囲まれた星のふるさと公園、池の山キャンプ場を久留米発のバスツアーで訪れ、子どもたちは森の中で普段できない3つの自然体験を行いました。
                   午前中は、森の工作館で木工細工の体験でした。木の枝をノコギリで切り出し、キーホルダーを作りました。子ども達は慣れないノコギリに四苦八苦していました。
                  汗をかきかき、木片を切り、思い思いに絵を描いて、自分のキーホルダーを作りました。
                   お昼は、かまどの炭火で竹パンづくりを体験しました。竹の棒にパン生地をからませて、みんなでかまどに並べて焼きます。しばらくして焼き上がったパンを竹の串についたまま、ほお張る子ども達は目いっぱい楽しそうにはしゃいでいました。
                   午後は自然いっぱいの森と池をキャンプ場の指導員の方に案内していただいて、自然観察をしました。聴診器を大きな楠の木の幹に当てると、ゴーッという水を吸う音が聞こえました。参加者は自然の声が聞こえたように感じました。麻生池に自生する天然記念物のオグラコウホネや、森の植物たちの面白い話の解説を聞き、貴重な自然を守らなければ、との思いをみんな強く抱いたようでした。
                  静かな森に子どもたちの歓声が響きました。 
                   この日、まる一日、自然あふれる星野村をめいっぱい楽しんだ一行は、帰りのバスの中で満足した様子でした。

                  (記事・写真:nbt・筑後川まるごと博物館運営委員会)

                  午前10時30分星野村の池の山キャンプ場にバスがつきました星野村にバス到着
                  森の工作館で指導員の方の説明を聞きました.
                  工作室で説明
                  子どもたちはノコギリに悪戦苦闘! 木工細工に熱中!
                  ノコギリ木工
                  自分で切り出した木片で、キーホルダーができました。
                  できたよ2 できたよ1
                  作った作品を持って集合!周りを山に囲まれた風景が美しい。
                  星野村自然まるごと探検隊
                  今度は竹パンづくりだぞ。パン生地を練り竹にからませます。
                  粉をこねてパン生地づくりパン生地を竹に
                  竹串についたパンを、かまどで焼きます。いい色になってきたぞ。
                  パンを焼く
                  子どもたちは、竹串についたままのパンにかぶりついていました。
                  竹パンづくり
                  昼食の後は今度はみんなで森へ行こう。子どもたちは元気です。
                  さあ森へいこう
                  森の中は涼しいよ。思いっきり深呼吸して気持ちがいいです。
                  森で学ぶ
                  大木の根に聴診器を当ててみたり、自然観察をしました。
                  木の音を聞く森林体験
                  天然記念物オグラコウホネが咲く麻生池ほとりで最後にパチリ!
                  麻生池で集合
                  みんなお疲れ様でした。楽しい夏の一日が終わりました。

                  ★2013年9月16日筑後川流域景観ツアー予告「彼岸花と茅葺集落の里うきは/つづら棚田・くど造り民家探訪ツア-」

                  0
                     筑後川流域景観ツアー(筑後川まるごとリバーパーク)
                    ジョギングジョギング 彼岸花と茅葺集落の里うきは
                    「日本棚田百選のつづら棚田と
                     くど造り民家探訪ツア-」

                    参加者を募集中 ・・・
                        森林浴・巨峰・梨狩り体験

                    耳納山地の東端、隈の上川流域は、まさに「日本の原風景」の、どこか懐かしい山里の景観が広がっています。うきは市の新川田篭地区は平成24年7月に国の「重要伝統的建造物群保存地区」に指定されました。約400年の歴史がある約300枚の棚田と石垣の景観がすばらしい日本棚田百選「つづら棚田」は、稲の刈入れと彼岸花が咲き始める美しい時期に訪れます。森林セラピーロードも歩き(約60分)森林浴も体験できます。昼食は、川沿いの農家民宿で地元のおばしゃんの手づくり料理を味わいます。くど造り民家平川家住宅は国指定重要文化財で、3つの棟から成る主屋は江戸時代に建てられ美しい。帰りに一の瀬焼窯元巡りと巨峰・梨狩りも楽しみます。歴史に詳しい名ガイドが同乗して案内いたします。
                    1.日時:2013年9月16日(祝,月)日帰り

                    小雨でも実施します。荒天が予想される時は前日午後に判断します。

                    2.集合・出発の場所時間:
                    午前8:50までに下記に集合
                    午前9:00西鉄久留米駅前・日本生命ビル前 定刻出発

                    ※福岡からは天神8:00発の西鉄電車特急で西鉄久留米駅前集合に間に合います。
                    3.募集定員:
                    20名程度、先着順です。
                    4.参加費:
                    一般 1人4,000円 農家昼食付 

                     (実費、資料,ガイド,保険等を含む)巨峰・梨の持ち帰り分は各自で負担

                    5.行程

                    西鉄久留米駅前9:00発 →つづら棚田→12:00農家民宿で昼食→くど造り民家・平川家住宅→一の瀬焼・巨峰と梨狩り体験→西鉄久留米駅前17:30
                    ●上記は状況等により変わることがありますのでご了承下さい。
                    ●ツアーで撮影した写真,映像は当方の広報に利用することをご了承下さい。
                    申し込み締切り9月8日
                    景観ツアー9月16日うきはつづら棚田チラシ


                    ★2013年8月1日筑後川流域景観ツアー予告・久留米発・夏休み親子で星野村の自然まるごと探検隊」

                    0
                       筑後川流域景観ツアー(筑後川まるごとリバーパーク)
                      ジョギングジョギング 「久留米発・夏休み親子で
                      星野村の自然まるごと探検隊」

                      参加者を募集中 ・・・星野村で3つの自然体験!
                      星野村は山と森に囲まれた自然の宝庫です。そのど真ん中にある星のふるさと公園、池の山キャンプ場を久留米発のバスツアーで訪れます。午前中、森の工作館で木工細工の体験を行い各自の作品を作ります。お昼には、竹パンづくりを体験し森の中で昼食をとります。午後は自然いっぱいの森を自然観察。天然記念物のオグラコウホネや森の植物、生きものなどを学習します。夏休みの一日を親子で自然環境あふれた星野村をまるごと体験しませんか。
                      1.日時:2013年8月1日(木)

                      小雨でも実施します。荒天が予想される時は前日午後に判断します。

                      2.集合場所時間:
                      西鉄久留米駅前・日本生命ビル前8:30出発
                      筑後川防災施設くるめウス 9:00出発

                      3.募集定員:25名程度、先着順です。
                      小学生以上(低学年は親子同伴でお願いします)

                      4.参加費:実費
                      1人4.000円
                       
                      (昼食代、、体験料、施設利用料、資料、ガイド、保険料を含む。)
                      5.行程
                      西鉄久留米駅前8:30発 →くるめウス9:00発 →
                      →うきは→合瀬耳納峠
                      →星野ふるさと公園着10:30〜木工体験(60分)〜
                      〜竹パンづくり〜昼食
                      〜森の自然観察会(60分)→星野村出発15:00頃→
                      →くるめウス着16:30
                      →西鉄久留米駅前着17:00

                      ●上記は状況等により変わることがありますのでご了承下さい。
                      ●ツアーで撮影した写真,映像は当方の広報に利用することをご了承下さい。
                      ★このツアーは定員に達しましたので受付を締め切りました
                      景観ツアー8月1日星野村チラシ


                      ★筑後川流域景観ツアー2013年2月実施報告・「源平最後の合戦地・平家伝説の里ウォークツアー」

                      0
                        筑後川流域景観ツアー
                        みやまの景観発見・
                        源平最後の合戦地
                        「平家伝説の里ウォークツアー
                        実施しました。
                        2013年2月9日 みやま市

                        この日はよく晴れ、暖かい日となった。朝からみやま市山川町の山川市民センター周辺では、恒例の平家祭り「九州平家伝説inみやま」が開催されており、会場では多彩なイベントが行われていた。JR瀬高駅からは無料シャトルバスも運行された。朝10時過ぎには、ウォーキング受付には次々と人が集まり、当ウォークツアーの参加者約20人も会場に集合し、約7km、2時間のツアーに出発した。

                        川沿いを歩くと、まず玉水酒造の酒蔵を見学した。ご主人の案内で酒蔵の中を見学したあと、うららかな陽光の中、川を溯り要川公園まで歩いた。みかんの産地として有名な、みやま市山川町には、「平家伝説」が色濃く残っている。壇ノ浦の戦いで敗れた平家一門は、ここ「要(かなめ)川」で源平最後の合戦に臨んだと言い伝えられている。公園には地元の人がたてた平家を示す赤旗が翻り、そこで一行は地元のガイドの方に、この地で平家方は最後の合戦に敗れ散り散りに落ち延びて行ったことを聞いた。そこから旧薩摩街道を歩き、平家方が指揮所として使った見晴らしの良い「物見塚」、さらに要川の合戦で敗れた平家方が落ち延びた里にある七人の女官が身を投げた「七霊の滝」とその霊をまつる「七霊宮」まで歩いた。ここはうっそうとした杉の林の中で、滝がすぐそばにある。地元の方々が、ぜんざいや地元の農産物、みかんなどをふんだんにふるまい、参加者は手厚いもてなしに感激していた。昼の一時を過ごし、一行はさらに歩き、JA直売所脇にある合戦の敗者を弔った「平家の搭」へ行き、地元ガイドからその由来を詳しく聞いた。そこからゴールの会場はすぐ近くだった。約7kmをのんびり歩き、歴史と景観の新しい発見をしたツアーに参加者はたいへん満足した様子だった。

                        (記事・写真:nbt・筑後川まるごと博物館運営委員会)
                        玉水酒造の酒蔵見学↓
                        酒蔵見学
                        玉水酒造の方と参加者集合↓
                        玉水酒造集合
                        川沿いを歩く↓
                        川沿いを歩く
                        平家の赤旗が翻る要川公園で地元の皆さんと↓
                        要川集合
                        要川から物見塚まで薩摩街道を歩く↓
                        要川から薩摩街道を歩く
                        7人の女官が身を投げたと伝わる七霊の滝↓
                        七霊の滝
                        七霊宮前で地元の皆さんのもてなしに合う↓
                        七霊宮でのもてなし
                        七霊宮で参加者集合↓
                        みやま平家ツアー七霊宮集合
                        紅梅の咲く道を歩く↓
                        紅梅を見て歩く
                        最期の見学地、平家の搭↓
                        平家の搭


                        | 1/3PAGES | >>